« Ryukyu Underground / 琉球アンダーグラウンド | トップページ | (Michael Viner's) Incredible Bongo Band / Bongo Rock »

AKAKAGE / THE First Season’s Best Tracks1999~2000

THE First Season’s Best Tracks1999~2000 THE First Season’s Best Tracks1999~2000

アーティスト:AKAKAGE
販売元:日本クラウン
発売日:2003/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日はAkakage a.k.a. 伊藤陽一郎です。おおまかな認識としては小西康陽一派と思って差し支えないと思います。 この人のDJは聴いた事無いんですが、行った人に聞くと「気持ち悪い」らしいです。選曲がどうこうよりとにかく気持ち悪い、と。自身がポップを仕草で体現してるらしいです。
そんなDJの彼を私は知らないんですが、このアルバムではベタベタにポップな世界が繰り広げられています。ところでAmazonの紹介によると「DJ、プロデューサーの伊藤陽一郎と、サウンド・クリエイター、佐藤豪によるユニットのベスト・トラック集。」だそうです。ああ、伊藤だけじゃなかったんだ。まあいいや。どうやらベストらしいんですが、期間は1999〜2000と凄く短い。たった二年弱の間のベストです。
中身の方は、やっぱり小西一派だけあってポップ・サンプリングのセンスは流石です。ワンショットも気持ちいいタイミングで入ってくるし。全18曲、一分未満の曲も何曲かありますが盛りだくさんの内容です。
全体はポップでまとめられていますが、様々な要素がごちゃごちゃに混ざり合ってできています。大きく言ってしまえば主にラテンですが、ボッサ、フレンチ、ブラジル、クラブジャズ、ロック、サンバ、ハウス打ち込み、Cha-cha-cha、とまだまだあるはずですが拾いきれないくらい一杯混ざってます。

特に好きな曲は、まず5.Common (Full Version)。ハウスをベースにラテンサウンドを織り交ぜて、キュートなボイスで「Common」と呼びかけてくる。テレビでもたまに使われているので聞いた事がある方も多いと思います。 次に、11.Tomboy。ベースとピアノとホーンが楽しげに入り乱れているアッパーチューン。
続いて、13.Brass Impact。これぞクラブジャズという曲。ドラムパターンがかっこ良く、タイトルの通りホーンは渋く、007で使われてもいいような大人な感じもある。勿論ルパン3世でも可。スピード感があってスリリングでステキ。
16.Saturday NightはあのBay City Rollersの名曲、サタデーナイトです。部分的にサンバです。確かにダンスってコンセプトだから間違ってはいないのかもしれない。最高に気持ちいい。若干、曲のテンポは遅く感じますが、ボーカルの声もゆるい感じで、逆に気持ちいい。踊りだしたくなる曲。
最後に、17.Lodger's。乾いたパーカッション、ゆったりとしたホーンで始まるこの曲、全体はボッサ。このアルバムの中ではおとなしめの曲。サタデーナイトとは違った意味で気持ちいい。

「気持ちいい」を推してきましたが、本当にそうなんです。とにかく「気持ちいい」。ポップである事がこんなに気持ちいいとは、と気付かせてくれるアルバム。ただしそのポップさは小西系のポップさです。もし小西が苦手なら、このアルバムも苦手でしょう。小西が好きなら今すぐ買ってもいい。ただ小西好きの人ならもう持ってそうですね。

☆☆☆☆☆

« Ryukyu Underground / 琉球アンダーグラウンド | トップページ | (Michael Viner's) Incredible Bongo Band / Bongo Rock »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47303/4711967

この記事へのトラックバック一覧です: AKAKAGE / THE First Season’s Best Tracks1999~2000:

« Ryukyu Underground / 琉球アンダーグラウンド | トップページ | (Michael Viner's) Incredible Bongo Band / Bongo Rock »