« Higher Octave World / P18 | トップページ | マゼンタ / swoosh »

Stompin' On Down Beat Alley / Tokyo Ska Paradise Orchestra

Stompin' On Down Beat Alley (CCCD) Stompin' On Down Beat Alley (CCCD)

アーティスト:東京スカパラダイスオーケストラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2002/05/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは名盤です。スカパラがいいバンドである事は説明するまでもないかとも思いますが。これほどワールド色(世界の音楽という広義でのワールドです)が強いのにオリコン常連であるというのも凄い事です。確かにモーニング娘。もワールド色は強いのですが、ここまでコテコテではありません。まあ日本人は基本的にスカが好きなのかもしれません。CMなんかでもよくスカが使われてますし、あのアニソン・クラシックとして名高いパーマンのエンディングテーマもサビ(パ、パ、パ、パ、パーマンは、そこにいる〜の部分)がスカです。

このアルバムはスカパラ歌もの3部作が入っています。

まず奥田民生の「美しく燃える森」。奥田民生はクセの強いボーカリストだと思ってたんですが、意外とスカパラの中に自然に溶け込んでいます。ベタベタなスカパラサウンドと上手い事バランスの取れた楽曲に仕上がっています。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのチバユウスケの「カナリヤ鳴く空」。これはチバの特徴的なボーカルが前面に出ています。何でしょう、この曲は昭和の香りがします。チバの哀愁のこもった色気のあるボーカルに、ムード歌謡を感じるスカパラの演奏が化学反応を起こしていると言えそうです。

ORIGINAL LOVE田島貴男の「めくれたオレンジ」。やっぱり田島はエロい。ねちっこいボーカルです。スカパラよりも勝っています。いや、かっこいいんです。かっこいいんですけど、やっぱりねっとりしてるという、胃もたれ感はあります。

その他の曲は、のんびりゆったり心地よく、爽やかさ満点で氷結果汁のCMにも使われた「Call From Rio」、ハチャメチャ疾走ノリで押し切れ「(We Know It's)all Or Nothing」、オーセンティックスカを臭わせる「Skull Collector」、男臭くもポップでノリノリ「Down Beat Stomp」、ノスタルジックで渋さ満点、乾いた空気がかっこいい「暗夜行路」などなど聴きどころ満載。


 

ここまで最大限の讃辞を並べてきました。ええ、確かにこのアルバムは曲の内容に関してはかなり満足です。おなかいっぱいです。もう食べられません。
しかし、しかしなんですよ。発売元がavexなんです。どういう事かと言うとCCCDです。これはいけません。パソコンで聴けません。抜け道はありますが、普通にしていたら(特にwindowsでは)iPodに入れられない訳です。それどころかWindows Media Playerにも入れられません。CCCD、これだけで不買理由になり得ます。評価はCCCDってだけで50%offです。よって

☆☆



« Higher Octave World / P18 | トップページ | マゼンタ / swoosh »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47303/823375

この記事へのトラックバック一覧です: Stompin' On Down Beat Alley / Tokyo Ska Paradise Orchestra:

» CCCD [パソコン図書館]
CCCDコピーコントロールCD (CCCD, Copy Control CD, Copy-Controlled Compact Disc)は主としてパソコンでのデジタルコピーを抑止する目的で導入された技術、もしくはその技術を導入した音声記録媒体の総称である。CCCDは通称であり、規格の名称ではない。...... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 11:32

« Higher Octave World / P18 | トップページ | マゼンタ / swoosh »