トップページ | 2006年3月 »

Higher Octave World / P18

Urban Cuban Urban Cuban

アーティスト:P18
販売元:Higher Octave World
発売日:1999/10/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元MANO NEGRAです。MANO NEGRAではキーボードをやっていたトム・ダナール。ユニット名のP18とはパリ18区を意味するらしいです。
P18はIRE IRE、RED SET、DJの3つのグループから構成されています。各グループについて。

IRE IRE:キューバ人で構成されたグループ。メイン2人にコーラス4人、6人のダンサー、5人のパーカッションという構成。

RED SET:キーボード&サンプラーのトム・ダナール(元MANO NEGRA)、パーカッション(元MANO NEGRA)、ギター、ベース、ボーカル&コーラス&ダンサー、トランペット、トロンボーン(元MANO NEGRA)、サックス

DJ:SREE DJ

となっています。IRE IREはキューバのミュージシャンが中心です。
P18の音は「未来的なサルサ」と称されているらしいです。
以上、ここまでがライナーからの情報です。

P18の凄い所は音がかっこいい所です。これだけだと「は?」という反応が返ってきそうなので詳しく書きますと、バンドの音も打ち込みの音も、単品にしても聴くに堪える代物であるということです。
このユニットはドラムンベースの打ち込みとラテン系生音を合わせた、広義のミクスチャーです。私はこのドラムンベースというジャンルとブレイクビーツというジャンルの違いがよく分からないのですが(ブレイクがループという手法だということは知ってるけどジャンルとしてのブレイクが何を指すのか分からない)、打ち込みのレベルは分かります。まあ、最初にP18を聴いた頃は打ち込みの事は分からなかったんですが、Squarepusherやmanitobaなんかを聴くようになって耳が鍛えられたおかげで打ち込みの善し悪しというかレベルというか、一般的に安っぽい打ち込みと言われるものとそうでないものの区別ができるようになりました。そして言える事はP18の打ち込みは安っぽくない、というか『ちゃんとしている』という事です。
大抵ワールド畑の人が打ち込みをやると安っぽくなるんです、打ち込みが。女子十二楽坊なんかも生音だけならかっこいいのに、変に打ち込みを入れたせいで台無しになっていると思います。

しかしP18の曲はドラムンベースというジャンルの中に入れても遜色無い出来です。これはきちんとメンバーにDJを入れているからだと思います。まあ今聴くと、昔のケミカルみたいでダサいと感じられる曲もありますが、1999年リリースなので大目に見てあげましょう。

またバンド音の方も元MANO NEGRAだけあってワールドやロックのリスナーも納得の出来です。ラテン、サルサのみならずダブ、レゲエも聴けます。ホーン系も色気のある良い音が出ています。

9曲目のMi Cubaがサルサ、ダブ、ドラムンベース、うさん臭いボーカルが全て昇華されていて一番面白いと思います。


☆☆☆☆


| コメント (0) | トラックバック (0)

Growing Up / Hi-Standard

グローイング・アップ グローイング・アップ

アーティスト:Hi-STANDARD
販売元:トイズファクトリー
発売日:1995/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヤバいヤバい、今ジャケ見ただけで泣きそうになった。いや本当に、20代の人達には特別な思い入れがある人が多いのではないでしょうか。そうか、もう10年前になるんですね、このアルバム。

このアルバムは日本メロコアの幕開けとなったものです。というのは、このアルバムでメロコアを初めとしたラウド系に興味を持った人が多いと思われるからです。ちなみにこの2年後に出たAngry Fistはオリコンチャートのアルバム部門で初登場4位に入ってた記憶があります。その他97年辺りからのスカコアブーム、ミクスチャー(ここではラウド+ラップの狭義のミクスチャーを指します)ブームも、元を辿ればGrowing Upに行き着くのではないかと個人的には考えています。当時はHi-STANDARDのせいで高校生はHi-SCHOOLと書くとまで言われてました。

私がこのアルバムを最初に聴いたのは友人の家でした。当時、ビートルズやスウェーデン系(カーディガンズとか)を聴いていて、ラウド系は全く知りませんでした。そんな時に聴いたこれ。私はハイスタを聴く前から、英詞で速い曲をやったらかっこいいんじゃないかと思っていたのですが、ハイスタを聴いて「これだよ、これ。」と思ったのを鮮明に覚えています。
今でこそファスト、キャッチー、ショートというメロコアのスタイルは広く受け入れられているものの、その功績もまたこのアルバム、もっと言えばハイスタにあるのではないかと思います。つまりモンゴル800も175Rもハイスタがいなければ存在していなかったのではないかというくらいに。

 

そしてこのアルバム、ハードでありながらポップでキャッチー、泣きメロに哀愁を含んだ難波のボーカル、とハイスタの全てがここにあります。こうやって言葉にしてしまうと陳腐ですが、雨後の筍とでも言うようなハイスタのフォロワーの中にハイスタを超えるバンドは未だ現れていない(私感ですが)ことからも分かるように、ハイスタにはハイスタにしかない何かがありました。このアルバムは最もハイスタらしさに溢れているのではないかと思います。

Summer Of Love、New Life、表題曲のGrowing Up辺りの定番は当然のようにお勧め曲です。 またハイスタお馴染みのカバー、このアルバムではBay City RollersのSaturday Nightママス&パパスのCalifornia Dreamin'の2曲です。どちらもハイスタらしいカバーとなっています。メロコア初心者はこういったカバーから入るとすんなり聴けるかもしれません。(私はそうでした。)

他にランク王国で「恋人にカラオケで歌って欲しい歌」(確かそんな感じのランキング)でランクインしていたKiss Me Again(俺が禿げておっさんになってもキスしてくれよ的な歌詞で、少し「私がおばさんになっても」by森高と近いものがあります)、難波がGREEN DAYのWARNINGの一曲目の元ネタと言っていたMaximum Overdriveも入っています。

これは正に
BUY or DIE !!!!!!!!!!!!!!!(言ってみたかっただけ)

☆☆☆☆☆

| コメント (0) | トラックバック (1)

Luaka Bop Remix / Various Artists

Luaka Bop Remix Luaka Bop Remix

アーティスト:Various Artists
販売元:Luaka Bop (Ryko)
発売日:2005/08/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Luaka Bopからのremixです。Luaka Bopはワールド愛好家の間ではお馴染みの良質ラテン系レーベルです。ここは普通うさん臭いアーティストのCDばっかり出しているんですが、これはひと味違います。チカーノとかラテンの土臭い楽曲が、リミックスを経てダンスミュージックとかの小洒落たものになってしまいました。

リミキサー陣が非常に豪華です。実は私はあまり知らないんですが、オシャレコ屋ことbonjour records のポップに豪華だと書いてあったので豪華なのでしょう。まあ私が知っているのはFila Brazillia、Masters at Work、Carl Craigと嶺川貴子ぐらいのものです。他にはMacao、Koop、John McEntire、Funky Lowlives、Levin Lindsay、Mario Caldato、One Rascal、Maurim、Scratch Perverts、Six Tooとか書いてあるんですけれどもよく分かりません。

しかし、嶺川貴子はびっくりしました。こんな所で名前を見るとは。しかも嶺川さんのリミックスがほんと良いんです。ほのぼのとした優しいエレクトロニカです。ya-to-iの「空の名前」以来のヒットです。
他にも全てのリミックスが原曲のラテン色に対しそれぞれのスパイスを加えて、リミキサーの色が強く表れたものとなっています。
Mario Caldatoはアブストラクトの匂いが心地いい、かなり素晴らしい出来だと思います。
Fila Brazillaはファンキーなドラムンベースに仕上げてきました。
Masters at Workはいつものぶっ太いビートでいつものようにラテンハウスを。
Scratch Pervertsはオールドスクールのテイストを挿んで。
Six Tooは暗いアコースティックでradioheadっぽく。
Maurimはチカーノレゲトンですか。
Macaoはシンプルかつ柔らかにかわいく。
Levin Lindsayは緊張感のあるアンビエントに。
Mario Caldatoはソリッドなヒップホップに。
One Rascalは柔らかなエレクトロでラウンジ仕様に。
Funky Lowlivesは色気のあるラテンソウルに。
Koopはジャジーで洗練された雰囲気で、かつ哀愁のあるものに。
John McEntireはダブっぽくゆるゆるの曲に。
Carl Craigはエロエロなレゲトンに。

これら全て(?)が非英語圏なので普通のオシャレ系ダンスミュージックとは趣の違ったものになっています。また内容もバラエティに富んでいて、これ一枚の中に様々な味が詰まっています。
中身が濃くて、bonjour recordに置いてあるくらいオシャレで、しかも1000円!!!!お買得!

ただ一つ言いたいのは、私はタワレコで見かけてレーベルとリミキサーに惹かれて買ったんです。これのちょっと前に出た、これの原曲が入っているコンピも買っているんです。その後bonjourで見かけた時には軽くへこみました。オシャレコ屋に置いてあるのか、と。bonjourで見つけて買ったと思われるのは心外です。まあそれだけです。

☆☆☆☆☆


最後にbounceのレビューを
Luaka Bop Remix [Digipak] : Various Artists



| コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト! モーニング娘。2 / モーニング娘。

ベスト! モーニング娘。 2 ベスト! モーニング娘。 2

アーティスト:モーニング娘。
販売元:アップフロントワークス(ゼティマ)
発売日:2004/03/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モーニング娘です。今、何かと騒がれてます。まあ彼女たちは色々とあるようで今までも、 いじめ、年齢詐称、ファン中傷、トイレ盗撮、そしてここへ来て喫煙と。まあどうせならトイレ盗撮の内容が喫煙動画だったら良かったのになんて思ったりもしますが。

まあそんな事はどうでも良くて、このグループはアイドルという理由だけで過小評価されている気がしてなりません。音楽的にとても面白い事をしているのに、ろくに聴かないで批判する人が多いのではないかと。
私はプロデューサーとしてのつんく♂がとても好きです。正直、シャ乱Qの良さは分かりません。というよりも、当時は彼の良さが出ていなかったけれども、プロデュース側に回った事で良さが出たと解釈するのが妥当かもしれません。もしくは私の聴き方が変わったか。
彼がこんなに多種多様な音楽を聴いてるということは意外でした。その音楽的な守備範囲の広さから繰り出される小ネタの数々。

このアルバムではつんく♂の遊び心、つまりは小ネタが堪能できます。



「Go Girl~恋のビクトリー~」
普通のアイドルポップスだと思って聴きはじめると度肝を抜かれます。テクノポップやトランス(ハードハウス?)が入り込んできます。リズムの打ち込みもダンス寄りです。コーラスではパンクの香りがします。

「ここにいるぜぇ!」
これはどう見てもスカパンクです。SNAIL RAMPと同じ位はスチャスチャしてます。音は全体的に軽いのでスカポップという事もできますが。Dance Hall Crashersよりポップです。しかし大事なのは、彼女たちはアイドルであるという事実です。アイドルが、しかもオリコンチャート常連のアイドルが「シュチュルッチュ」(スカパンクにありがちな、あの口で言うやつ)とか言う訳ですよ。もうね、『誰がやってんだよ!?』って。最初にMステで聴いた時は衝撃が走りました。まあ衝撃の範囲はもの凄い狭い訳ですけど。俺だけかもしれんしね。

「Mr.Moonlight~愛のビックバンド~」
これに関してつんく♂はミュージカルをイメージしたとか言ってた気がします。確かにコロコロと雰囲気が変わるような曲構成です。全体はスウィングみたいな感じです。私はブライアン・セッツァーを感じます。ベースラインがロカビリーっぽいんですよね。ベースラインの強調の仕方と言うか聴かせ方というか、その辺りも。歌い方もロカっぽい、もしくはプレスリーっぽいのかもしれません。

「そうだ! We're Alive」
これはファンク(ファンキー・ディスコティックとか言っちゃってます)〜パンク〜アイドルポップス〜ジンギスカンと聴きどころ満載です。ファンクはどう見てもJBです。そうです、James Brownです。曲も歌い方も。やらされてる感たっぷりです。パンクはドラムパターンですね。ジンギスカンはもうそのまんまです。「ウッ、ハッ」って言っちゃってますから。そこまでやるか、という。この曲が一番面白いかもしれません、色々とぶっ込んで、転調で繋いで曲調が移り変わっていく。ある意味ではMIXテープ的です。



やはりつんく♂の守備範囲の広さは尋常じゃないと思います。色々と聴いてるだけじゃなく、それらを取り入れた曲を作ってしまう、その遊び心が私は大好きです。アサヤンで見た感じ、つんく♂は歌い方のアドバイスとして「もっと拳を利かせて」とか言ってました。おそらくこれらの曲も同じ様にテイスト重視で作っていってると思います。よりJBっぽくなるように、よりロカビリーっぽくといった感じで。アレンジャーやエンジニアにもそのように指示していると思います。もちろん歌い手であるモーニング娘。メンバーにも。でもきっとモー娘。は知らなかったりするんでしょうね、JBやブライアン・セッツァーを。その操り人形感がまた堪らなかったりもします。
つんく♂は楽しいのではないでしょうか。アイドルに自分の好き勝手やらせるというのは。作ってる音楽にこれだけネタが詰まってるのに、アイドル歌謡と括られて誰も彼のネタを気にしない辺りも。何と言うか、表からは見えない柱に名前を書き込む宮大工っぽくて最高です。

そして、つんく♂の魅力が味わえるこれら名曲が一枚に収まったのがこのアルバムです。触れてませんでしたが、モーニング娘。にはあまり面白くない曲も多々あります。ですからシングルをコツコツ買い集めるか、このベスト盤にするか、というのがお勧めです。

☆☆☆☆☆



| コメント (0) | トラックバック (1)

Planeta Eskoria / Ska-P

Planeta Eskoria Planeta Eskoria

アーティスト:Ska-P
販売元:RCA International
発売日:2001/05/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スペインのバンドでしょうか?CDはスペインで発売されてるものです。
メンバーは6人、楽器編成は歌詞カードがスペイン語で読めない(翻訳も上手くできず)ので、写真とCDに入っている動画からいきます。ボーカル、ギター、ギター&ボーカル、キーボード、ベース、ドラムです。ただしメインボーカルはギターの人がやっていて、ボーカルのみの人は途中、暇を持て余してかうろうろしたりしています。

このバンド、モヒカン率が高いです、3人です。モヒカンと言ってもRANCID系ではなく、ウミトダバラ(2002W杯で日本相手にヘッドを決めたトルコ代表の選手。)みたいなモヒカンです。本気度が違います。3人のうち一人、メインボーカルは弁髪です。ベースとドラムはメタル系ロンゲです。キーボードは坊主です。なんか全体的なビジュアルが凄く恐いです。

バンド名の通りスカをやってます。スカと言ってもスカコアとかスカパンクとか、そちら系ですが。しかし、なかなかに懐の広さを感じさせるアルバムです。
まず、ボーカルが面白い。スペイン語だからかもしれないんですが、速い曲はボーカルがラップっぽくなるんですよね。テンション上がると巻舌になってくるし。
また、スカと言ってもネオスカっぽいものもやるし、陽気なスカパンクもできる。
そして、私はメタルは知らないんですが、メタルっぽさを感じる曲が何曲かあり、非常に印象的でした。恐らくベースとドラムがギターをうまく丸め込んで作ったんだと思います。そんなジャンルあるのか、スカ・メタル。恐ろしきメタル野郎共。

CDについている動画は2つで、PV1つ、ライブ映像1つです。ライブ映像を見るとかなり客が入っていて、現地での人気の高さが窺えます。現地がどこなのか分からないけど。

☆☆☆☆



| コメント (3) | トラックバック (0)

All Relationships Are Doomed To Fail / The Meat Purveyors

All Relationships Are Doomed to Fail All Relationships Are Doomed to Fail

アーティスト:The Meat Purveyors
販売元:Bloodshot
発売日:2002/04/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カントリーです。ただ普通のカントリーとちょっと違う所はロックの文脈でも括れるという点。私がタワレコで買った時には「オルタナ・カントリー」とポップに書かれていました。私はその時タワレコでCDを試聴して、一目惚れならぬ一聴惚れしてすぐに買ってしまいました。
メンバーは、ボーカル、ベース&ボーカル、ギター&ボーカル、マンドリン&パーカッションの四人。更にフィドル&ボーカルのゲストがいます。
コテコテのカントリーもやりますが、そこにロック、メロコアのスパイスをくわえたような曲もやります。超速カントリーとでも言いましょうか。恐らくこのバンドがやっている事は、カントリーの楽器を使ったメロコアなんです。基本的にはマンドリンはカントリー音階(でいいのかな?奏法?)に則っているけれど、曲によってはメロコア的(ファスト&キャッチー)だったりします。このバンドはカントリーとロック、メロコアのブレンド加減がまた絶妙なんですが、これはマンドリンがいることもあるけど、ドラムレスだからかもしれません。
こういったトラッドミュージック(カントリーがトラッドと言っていいのかよく分かりませんが)の新たな試みが私は大好きです。彼等こそ正統派系異端児であると思います。
ちなみに2曲目はABBAのS.O.S.のカバーです。これもまた超速カバーとなっております。

☆☆☆☆☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

Weight Of The World / The Beautiful Girls

ウエイト・オブ・ザ・ワールド ウエイト・オブ・ザ・ワールド

アーティスト:ザ・ビューティフル・ガールズ
販売元:eclectika/MCJP Inc.
発売日:2005/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

緩いです。西海岸です。オーガニック・サウンドです。まったりです。脱力系です。オシャレです。ダビーです。
ジャック・ジョンソンとの共演経験もあるんですが、確かにそちら系の音です。アコースティック系ゆるゆるロックと言っていいんでしょうか。オーガニックやスローライフやLOHASといったスタイルに非常にマッチする、肩の力が抜けたような印象を受けます。こういった現代の価値観からの需要というものはあるかもしれません。このthe beatiful girlsだけでなくJack Johnsonやトミー・ゲレロにも言える事ですが。
一曲目の『Weight Of The World』はキューピーマヨネーズのCMで使われていたので聴いた事がある方も多いかもしれません。キューピーもまた現代的な価値観の記号としてこの曲を選んだのかもしれないな、なんて考えてしまいます。

☆☆☆☆


| コメント (0) | トラックバック (0)

Igen! / Transsylvanians

Igeni! Igeni!

アーティスト:Transsylvanians
販売元:Westpark
発売日:2004/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジッタリンジン meets 東欧です。もうこの一言で全て説明できてしまった気がします。
バンド編成はダブル・ベース、バイオリン&シタール、ギター、ドラム、にボーカルを加えた5人、更にゲストでエレクトリック・マンドリン&バイオリンが1人参加という形で、6人全員がボーカルとクレジットされてます。
ズンチャズンチャしたリズムに弦楽器を合わせています。メロディーもまたジッタリンジンっぽいというか昭和の香りがします。メインボーカルの声もジッタリンジンっぽいんですが、ブルガリアンボイスのような神秘的な広がりのある歌唱もしてみせます。
総括するなら、ミネアとマーニャがジッタリンジンっぽいバンドをやってるって事で。

☆☆☆☆



| コメント (0) | トラックバック (0)

Attache ta tuque ! / Les Cowboys Fringants

Attache Ta Tuque Attache Ta Tuque

アーティスト:Les Cowboys Fringants
販売元:La Tribu
発売日:2005/01/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カナダのバンドです(確実)。アーティスト名からも分かる通りフランス系です(多分)。ケベック州だと思います(怪しい)。もうこの辺は曖昧。

メンバーは5人(ギター、ベース、ドラム、ボーカル、バイオリン&アコーディオン&マンドリンetc.)で、そこにゲストが参加しているようです。ゲストの楽器がよく分からないので写しますと、trompette、flugelhorn、trombone、euphonium、violin、violoncelleです。よく分からない物が使われてるようです。

worldを取り入れたメロコアという表現が近いかもしれません。カントリーを速くハードにした、つまりはメロコア的にしたということになります。しかしメロコアとは言ってもポップでキャッチーとかではなく、バタ臭く陰のあるメロディーラインです。今のバンドで言えばHAWAIIAN6のような雰囲気を持っています(CRICKETSみたいな、と言いたいんですが通じなそうなのでやめときます)。BRAHMAN好き、MANO NEGRA好きなら好きなタイプだと思います。
ちなみにCD2枚+DVD1枚という豪華さです。

☆☆☆☆☆



| コメント (0) | トラックバック (0)

Solid Gold Hits / Beastie Boys

Solid Gold Hits Solid Gold Hits

アーティスト:Beastie Boys
販売元:Capitol/EMI
発売日:2005/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とりあえず一発目は大好きなビースティーで行こうかな、と。
ビースティーがどんな奴らか、この一枚があればすぐに分かります。ビースティーを一言で言えばくそガキHIP-HOPだけど、こいつらは傷害とかシンナー、草とか窃盗とかのくそガキではなく、ピンポンダッシュや膝カックンするタイプです。まあ、お調子者ですね。だからこそみんなから愛されてる(まあピンポンダッシュは褒められた事ではありませんが)。

音的にはファンキーでブリブリなトラックにノリノリのラップを被せてる感じです。トラックは日本人の感性的には受け入れやすいのではないかと思われるキャッチーさも併せ持ちます。Dragon Ashよりもキャッチーかもしれません。

そんな彼等のベスト盤。美味しいトコ取りです。brass monkeyもch-check it outもSabotageも入ってますよ、奥さん!今までシングルでしか出てなくて探すのが面倒だったbody movin'(FATBOY SLIM REMIX)まで入ってます。それでこの値段!買うしか無いでしょ。国内版はCCCDなので輸入版を狙うのが賢いかと思います。
ちなみに私は初回限定のDVD付きを買いました。まだ残ってるようならDVD付きを買う事をオススメします。日本で撮影されたIntergalacticのPVは必見です。

☆☆☆☆☆



| コメント (0) | トラックバック (0)

目次

アーティスト名がアルファベット順で並んでいます。



AKAKAGE
THE First Season's Best Tracks1999~2000

Beastie Boys
Solid Gold Hits

The Beautiful Girls
Weight Of The World

Hi-STANDARD
Growing Up

Les Cowboys Fringants
Attache ta tuque !

The Meat Purveyors
All Relationships Are Doomed To Fail

Michael Viner's Incredible Bongo Band
Bongo Rock

モーニング娘。
ベスト! モーニング娘。2

P18
Higher Octave World

Revelling Crooks
From Heaven into Hell

Ryukyu Underground
琉球アンダーグラウンド

Ska-P
Planeta Eskoria

swoosh
マゼンタ

Tokyo Ska Paradise Orchestra
Stompin' On Down Beat Alley

Transsylvanians
Igen!

V.A.
Luaka Bop Remix

| コメント (2) | トラックバック (0)

このブログについて

のんびりと自己満足でレビュー書いてます。
採点は☆5つで満点です。採点基準は純粋に好みかどうかで決めています。

追記
合法的にジャケット写真が使えるのでAmazonのアフィリエイトを利用していますが、案外ジャケ写の品揃えが悪い事が判明。どこかジャケ写を合法的に使えるサービス(かつ、Amazonより品揃えがいい所)があったらコメントにでも残して教えてください。よろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »